どのように作るか

水を飲む女の人

活性水素水は水にマイナスの電圧をかけて水素イオンを発生させます。そうして活性水素を溶け込ませたものが活性水素水です。高圧で溶解させているので、空気中に逃げることはありません。水の中に留まります。もちろん、この方法だけでなくほかの方法でも作ることができます。水の中にマグネシウムを入れておくと活性水素水になります。活性水素水を飲むと多くのメリットがあります。それは活性酸素を体外に排出することで健康に対して悪影響をもたらします。その仕組みは単純なものです。活性水素が体内の活性酸素と結合してしまって、水に変わって身体の外に出ます。これは還元作用という現象です。こうした作用によって身体に健康をもたらすのが活性水素水です。

活性水素水にはいろいろな種類があります。高濃度水素水や活性水素水などです。いずれも活性酸素を水に変えてくれる効果があります。活性酸素には殺菌能力があり病気やウイルスから身体を守ってくれます。このように健康を維持することにも役立ってくれますが、そうではない場合もあります。ストレスが蓄積されたり紫外線を多く受けて、体内に過剰に生産されると、身体の細胞を攻撃して細胞膜が酸化されていきます。その結果、肌にたるみが出てきたり、シワやシミが発生するようになります。しかも、それだけでなく生活習慣病の原因にもなります。こうした悩みを解決してくれるものが活性水素水です。コンビニなどで手軽に購入することができますので、おすすめです。