女性の健康を守る成分

お腹

大豆パワーの素になる物質

大豆イソフラボンといえば、女性に優しい健康成分としておなじみです。大豆イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあり、体内のホルモンバランスを整えることができます。そのため、エストロゲンの急激な減少によって生じる更年期障害の症状を緩和する効果が期待できるほか、バストアップなど女性らしい体つきを作るのにも役立つとされています。また、男女を問わず骨粗しょう症を予防する効果もあると言われています。ところでこの大豆イソフラボンの効能ですが、最近の研究によってそのパワーの源にあるのがエクオールという物質であることが分かってきました。エクオールは、大豆イソフラボンの一部が腸内で変化してできる物質です。

サプリメントで安定供給

エクオールは大豆イソフラボンの1つであるダイゼインという物質が腸内の細菌によって代謝されて生まれます。そして性質が変化した後は、元の大豆イソフラボンよりもさらに強力なパワーを発揮します。そのため「スーパーイソフラボン」と呼ばれることもあります。ただ注意が必要なのは、エクオールを作り出す菌は誰の体内にもあるわけではないということです。日本人の中でエクオールを持っているのは、およそ半分程度だと言われています。そこで最近では、大豆イソフラボンを乳酸菌で発酵させ、エクオールに変化させてから製品化したサプリメントなどの栄養補助食品が出回るようになってきています。これなら自分の腸内でエクオールを作れない人でも、その効能を手軽に取り入れることができます。